イケ先生、珍しく叱る。


本日は戸塚での指導でした。

あちらの発表会が近いです。|д゚)

今日視たのは白鳥のトロワ、ガムザッティのVaです。

さてー・・・

本番間に合うかな?

流れとしてはトゥシューズでのバーレッスン~Va練習です。

本日のテーマは膝をキチンと徹底的に伸ばしきる・・・です。

普通に見たらキチンと伸びて見えます。

しかし大事なのは膝を伸ばしきった時の重心の位置、骨盤の位置です。

難しいですねー

バレエをしていると良く「膝裏を伸ばしなさい!」って注意は聞くと思います。

しかし!

本当に伸びている状態を知るのはとても繊細です。

腿の前側の筋肉が膝を伸ばす役割を持っているのですが、そこだけを頑張って力を入れても膝って伸びてくれないのです。

脚以外の要因が合わさって初めて伸びるので単純な動きのようで実は非常に難しいことなんですね!(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

そんなこんなでバーレッスン。

珍しく叱りました。

やってる途中で順番が分からなくなってしまいなげだしたからです。

これはいけない。

なにかあると途中で投げ出すのは癖になります。

癖になると舞台でも少しだけうまくいかない時、身体がほどけるので完全なる失敗一直線です。

それだけでなく、日常でももう少し踏ん張れれば違った結果になった・・・なんてこと多いのではないのでしょうか?

私も昔師匠と呼ぶ先生に言われました。

「マラソンは走り始めたら絶対ゴールまで走れ。」

まさにだと思います。

一生懸命食らいつく粘りが栄光を呼び込むと思います。

本当は掴めたはずの幸せを手放す・・・

そんな風にはなって欲しくないので叱ってしまいました。

私の好きな言葉は「一事が万事」です。

#リハーサル #小学生 #習い事 #バレエ

46回の閲覧
ABOUT  IKE Ballet

イケバレエはクラシックバレエを通して心身の健やかな成長を目指すバレエ教室です。

私達は挨拶を大変重要だと考えています。

挨拶をまず交わす事で気心も知れますし、仲良しの友達もできやすいです。

すべての始まりと終わりにもけじめもつき集中して物事に取り組めるようになります。

楽しく和やかな空間を創るには仲良しである事、また来たくなる場所には仲間がつきものです。

これまでにプロダンサーとして多くの公演、発表会に出演してきた講師をお招きしました。

出来なかった事が一つずつクリアされていってだんだんと自信をつけていく子。

大きく動けるようになってとにかく跳ね回ってる子、綺麗な衣装を着てうっとりしている子、みんなそれぞれの楽しみ方を見い出しています。

まずは自主性を育むこと、自ら求めることでより高い運動能力、感受性、忍耐力が身につくと考えているからです。

そして自主性というものはバレエに限らずあらゆる面で学習の効率化を生み出します。

より充実した時間を過ごすにはどうしたらいいのか?

それは自らの中のあれがしたい!これがしたいという心の声に耳をかたむける事。

実現するプランを考え、実行する意思。将来の夢、目標を叶える力をバレエを通してつちかっていけたらと私達は考えています。

埼玉県新座市大和田1-23-6  コーラルリーフ103