されど挨拶  ~挨拶が出来ないと参加できない厳しいイケバレエ( ´∀` )~


本日も新座市、志木市、朝霞市の子供の習い事。

イケバレエのレッスンです。

今日は体験レッスンに3人も来てくれました。

みんな入学式や入園式を終えたばかりでピカピカですね(∩´∀`)∩

今日の前半幼児クラスは2本の脚を同時に伸ばす!がテーマでした。

難しかったかなー?

片方の脚だけ伸ばしても傾いて立つ要因になってしまうのですよ。

ストレッチからキチンと両方のお膝を考える!

色んなことを同時に考えるのはとても難しいです。

身につくといいなー(*´ω`)

踊りの練習ではお姫様っぽく歩く振りがあるのですが、歩くときに毎回毎回踵を前に。

つまりアンディオールですね!

みんな1番は少しずつ開けるようになってきてるので

「1番の気持ち」

何をやってても1番の気持ちです。

この辺をキチンと幼児のうちに押さえられたらいいなーと思っています。

さて、後半は新1年生と幼児の混合クラスです。

今回はこのクラスに体験の子が3名来てくれました。

もうね・・・

小さい子にとって新しい環境は不安でしかないのですよ。

その中にキチンと挨拶して飛び込んでいけるかが肝です。

1年生の子は最初から戸惑いながらもできました!

エライぞ(∩´∀`)∩

幼稚園の子は絶対無理ー!と泣いてしまいそうな勢いだったので「伝家の宝刀、体験用レオタード」を渡してみました。

レオタードだけじゃ無理でしたーーー(´;ω;`)ウッ…

イケ先生「じゃあやってみたくなったら先生に教えてね!」

レッスン再開です。

ストレッチから始まり、ストレッチももうすぐ終わりかなー?ってところで

"(-""-)"モジモジ・・・

近くにきて何やらやりたそうな空気を醸し出しています。

イケ先生「どうかな?やってみたくなった?」

"(-""-)"「うん・・・」

まだモジモジです。

しかしイケバレエの徹底しているところ。

それは挨拶です。

挨拶がキチンとできないとどんなにやりたくても参加できない厳しい掟があるのですよ。

イケ先生「ご挨拶できるかなー?」

"(-""-)""(-""-)"「できる?

やってみようよー。

うーん。

でも・・・」

彼女達の葛藤がひしひしと伝わってきます。

やってみたい、けど恥ずかしいし不安・・・といった感じです。

イケ先生「じゃあ先生目をつぶってるから小さい声でも大丈夫だから言えるかな?」

"(-""-)""(-""-)"「えーと、えーと・・・」

イケ先生「後5秒、4,3,2,1、・・・0

じゃあ今度はご挨拶できそうだなって思ったら教えてね!」

ストレッチに戻るイケ先生です。

さてストレッチも残すはブリッジってところでついに来てくれました。

"(-""-)""(-""-)"「よろしくお願いします!」

イケ先生「おー!よく言えたねー。

こちらこそよろしくお願いします!」

参加決定です。

よかったー(*´ω`)

もう、本当。

私も小さなころは泣き虫で超人見知りでした。

その葛藤がよくわかります。

勇気が出せてエライ!

この一歩を自分で踏み出して乗り越えていくのが本当に大切だと思っています。

参加してしまえばみんな優しい子達なので和気あいあいとした楽しいレッスンでした(∩´∀`)∩

なぜなら最後のご挨拶が  (笑)

ありがとうございまちた!!!!

大絶叫でした(笑)

ちなみにまた来たいと言ってくれているので第2回体験レッスンが今から楽しみですね。

#志木市 #子供 #教室 #レッスン #小学生 #朝霞市 #幼児 #新座 #バレエ #習い事

0回の閲覧
ABOUT  IKE Ballet

イケバレエはクラシックバレエを通して心身の健やかな成長を目指すバレエ教室です。

私達は挨拶を大変重要だと考えています。

挨拶をまず交わす事で気心も知れますし、仲良しの友達もできやすいです。

始まりと終わりにもけじめもつき、集中して物事に取り組めるようになります。

 

自主性というものはバレエに限らずあらゆる面で学習の効率化を生み出します。

より充実した時間を過ごすにはどうしたらいいのか?

それは自らの中のあれがしたい!これがしたいという心の声に耳をかたむける事。

実現するプランを考え、実行する意思。将来の夢、目標を叶える力をバレエを通してつちかっていけたらと私達は考えています。

埼玉県新座市大和田1-23-6  コーラルリーフ103